コロナ禍における施設のご利用に際して

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、施設ご利用に際し
引き続きご協力をお願いします。

             □発熱又は風邪の症状がある場合は自宅で療養
             □マスクの着用、咳エチケット
             □手洗い、手指消毒
             □身体的距離の確保(最低1m)、ソーシャルディスタンス
             □団体利用に際し、代表者が当日の参加者全員を把握
             □各部屋の定期的な換気、消毒

※図書・貸出品等については、消毒が全て行き届かない場合もありますので、
手指消毒等を必ず行っていただきご利用ください。
ご利用の皆様には、大変お迷惑をおかけいたしますが、
何とぞご理解をいただきますようお願いいたします。

 「新しい生活様式」の実践例